アジア・オセアニアGEOSS(AOGEOSS)イニシアチブについて

アジア・オセアニアイニシアチブは、GEOの戦略目標を達成するために幅広く活動を行う、地球観測の地域連携プログラムです。アジア・オセアニアコーカス(オーストラリア、中国、日本等)が共同で提供する地球観測やアプリケーションの総合力強化を目的とし、アジア・オセアニア地域の国際連合メンバー国及びGEOの参加機関に対して開かれています。本イニシアチブは、アジア・オセアニア地域の参加者やステークホルダーと連携し、政府間組織であるGEOのアジア・オセアニアコーカスという構成のもと、既存の連携枠組みの活用や、共同事業の実施を通じて観測基盤を整えています。アジア・オセアニア地域における洪水の監視と評価、環境の監視と評価、海洋と島の監視、ヒマラヤンGEOSSを含む、懸念が高まる地域課題に沿った地域的なアプリケーションやサービスを優先しています。同時に、アジア太平洋生物多様性観測ネットワーク(AP-BON)、アジア稲作監視(Asia-RICE)、アジア水循環イニシアチブ(AWCI)、海洋と社会、炭素・温室効果ガスイニシアティブ(GEO-C)のような既存の活動を促進するとともに、基盤タスクであるデータ共有、AOデータキューブやユーザーエンゲージメント・コミュニケーションを実施しています。

連絡先

AOGEOSS共同議長

氏名所属
Xingfa Gu中国中国科学院
David Hudson豪州ジオサイエンス・オーストラリア
小池 俊雄日本水災害・リスクマネジメント国際センター
大韓民国

GEO 事務局 担当

氏名Email
Wenbo Chuwchu[at]geosec.org

AOGEOSSのガバナンスの原則

包括性

アジア・オセアニア地域の全てのGEOメンバーとGEO参加機関の参加を推奨する。非GEOメンバー国からの参加も歓迎する。

自発的な貢献

本イニシアチブの活動は全て自主的に行われており、メンバー及びパートナーはイニシアチブの実施計画にしたがって、共同で取り組むことで、各々の強みを活かし目標を達成する。

バランス

提供者と利用者のコミュニティや、先進国と発展途上国のバランスについては、ガバナンス体制を構成する中で検討する。

最善の努力

本イニシアチブはなるべくパレート最適であるように(いかなる国も提案された構成により状況が悪化することがないように)、既存の協力体制を活用する。

AOGEOSSのガバナンス体制

アジア・オセアニアコーカス

アジア・オセアニア地域のGEO代表によって構成されるGEOの意思決定機関。AOGEOSSイニシアチブを実施するためにハイレベルな政治的支援及び必要な資源を提供する。

調整委員会

AOGEOSS業務に関連する技術やマネジメントの専門家によって構成され、AOGEOSSの共同代表が議長を勤める執行管理会議。

GEOSS アジア太平洋シンポジウム

地球観測やアプリケーションにおける幅広い科学技術の意見交換を行うとともに、AOGEOSSイニシアチブのタスクの進捗を報告するための地域フォーラム。